テストステロンの効果とは

男性ホルモンの一種であるテストステロンは勃起力、精子の生成、性欲に関わる非常に重要なホルモンで、精力アップのためには必須の要素でもあります。

 

ですが実は女性よりも男性の方が毛深く、筋肉質なのはテストステロンが関係しています。

 

筋肉に強い負荷をかけると筋繊維が傷つき、回復する際にさらに太くなりますがこの時テストステロンが消費されることで、効率よく筋肉が太くなります。

 

また女性に比べ男性の方が攻撃的で、スリルを好み、孤独思考が強いのもテストステロンの影響だったりします。そのため経営者は一般男性に比べてテストステロン値が高いこともわかっているんです。
つまりテストステロンを増やせれば精力はもちろんアップするほか、男らしい筋肉質な身体になり、さらに仕事へのやる気も俄然湧いてくるということになります。

どうすれば増やせるか

では精神的にも肉体的にも活力を与えてくれるテストステロンをどう増やせばいいのかですが、それは亜鉛と運動が大切になってきます。

 

テストステロンの約95%は睾丸によって作り出されており、睾丸の働きを亜鉛が活性化してくれます。亜鉛が精力アップに効果的なことは知られていますが、実はこのような働きがあったんです。

 

そして筋肉はテストステロンを消費することで効率よく大きくなると書きましたが、テストステロンの消費量が多ければ多いほど分泌量も増えるため、運動によってテストステロンを増やすことが可能です。

 

ウォーキングなどの有酸素運動よりは、瞬発力を発揮する運動の方が効果的。そのため自宅での筋トレなどでも十分な効果が得られます。

 

コツは連続して10回が限界という負荷でトレーニングをすることで、30回も40回も連続でできてしまうようであれば負荷を増やしましょう。

 

また最後にテストステロンは睡眠中に分泌されるため、寝不足は厳禁。しっかり睡眠をとって亜鉛を摂取し、筋トレを習慣づければ自ずとテストステロンは増えて活力がみなぎってくることでしょう。