レッドドラゴンの成分

精力剤であるレッドドラゴンにはどんな成分が使われているのでしょうか。
一昔前までは精力剤と言うと、マムシやすっぽんなどが有名でしたが、時代の流れとともに新しい成分がどんどんと出てきています。
マカや亜鉛だけではなく、多くの成分が出ていますが、レッドドラゴンに使われている有効成分は何なのか調べてみました。

レッドドラゴンの有効成分って?

レッドドラゴンは天然由来の成分を使った精力剤になります。
中でも有効成分として使われているのが、独自成分であるランペップです。
ランペップとはタマゴから抽出したタンパク質の成分のことで、体内の一酸化窒素を増やす効果を持っています。
体内の一酸化窒素が増えることで血管が拡張し、海綿体に流れ込む血流の量がアップするので、男性の悩みに効果が期待できるのです。
また、流入する血流の量がアップすれば、それだけ陰茎の勃起率も高くなりますので、硬さだけではなく大きさのアップにも寄与してくれます。
他にもマカや亜鉛などの成分の効果が最大限に発揮できるように独自の比率で配合をしており、この配合率だけで特許を取得するほどなのです。
他の精力剤では効果が期待できなかった人でも、レッドドラゴンなら効果があったとの口コミもあるくらいです。

レッドドラゴンは勃起力と持続力が良い?

男性機能の悩みに多いのが、この勃起力と持続力の問題です。
若い時には問題なかったのに、最近は途中で萎えてしまうという悩みを持っている中年の男性は少なくありません。
一般的にはこうした場合にED治療薬などを利用するケースが多いのですが、実は根本的な治療にはなっていないのです。
飽くまでも対症療法としての役割しかありませんが、レッドドラゴンであれば体質を改善していきますので根本的に男性機能を取り戻すことができると言われています。
先述したように、ランペップという成分はED治療薬の有効成分と似たような働きを持っていますし、マカや亜鉛はいまさら説明の必要がないほど有名でしょう。
これらの成分が最大限力を発揮できるのが、レッドドラゴンなのです。